スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連エントリー
-->
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

本当にあった怖い話・・・。ホームステイと英語の話。

2006.03.19(17:20)
こんばんは。司会のはなでごす。

あなたの知らないホームステイへようこそ・・・・。

今日皆さまにお送りするのは、

真冬の本当にあった、怖い話でございます・・・・・。

心臓の悪い人は片目で読んでください。←意味ないじゃないの!

始める前に、

こりゃ~~~~レイトンママNWはノースウエストじゃ!←怒られるかも、って書いてあったので、期待にお答えして、怒ってみました。いかがでしょうか???

ユタで一番良い、乗り継ぎはデルタです。デルタは一番便数も多いですが、NWもあったはずです。便数はデルタに比べると少ないはずです。

それから、ユタは訛りないです。ケントさんと数年前ばったりとスーパーで会いました。実は義両親の家から彼の家までは15分くらいなので、日本人の友達が来るといつも、ユタのビバリーヒルズ(?)ツアーとしてびっくりするくらいでかい家の周りをドライブするのですが、あまりのでかい家に口が開きっぱなし状態。

皆さん来られましたら、私、はなが

”右に見えますのは~、右手でございます。”

って親父ギャグを連発しながらお連れいたしましょう。←行きたくないって???いやいやそう言わず、お付き合いしてくださいませませ。

あ!話がずれてるよ!!!

そうそう、訛り訛り。

アメリカ英語には南部訛り、NY訛り、Boston訛り後1つどこだったかな???フィラデルフィアだったかな??なんていうのが結構耳にします。後は黒人さん特有の話し方、Cowboyの話方などがあります。

私はNY訛りとBoston訛りははっきり言って、さほど聞き取れませんが、旦那に言わすと、NYは鼻に抜ける話し方がNY,Bostonは確かアルファベットのどれかが言えないって言ってたはず。なので、ドラマや映画を見ていると俳優さんたちが出身の訛りで発音をする事によって、そのドラマの背景が見えてくるんですよ。←旦那はそう言うのに詳しい。ちなみに日本語はもちろんぺらぺらなのですが、スペイン語なんかもちょっと分かる・・・・。他の言語を使う人が英語を話す真似をするのが以上にうまい!タモリもびっくりよ!

んが、

ユタは訛りがありません。田舎と言うイメージがあるので(いや、田舎なんだけどね・・・・)訛った感じがするかと思われがちですが、きちんとした日本でアメリカ英語のCDなんかで聞かれている普通の英語を話します。

ここからが本当にあった、怖い話でございます。

準備はいいですか!?

いきますよ!!!!


きゃ~~~~~~~~~~。

さて、英語ですが、日本の皆さんはかなり発音を重視していますね。

今日本で何人の外国人の先生がアメリカ人なんでしょうかね???

また、そのアメリカ人も南部とかなら、かなりの訛りですね。

また、アメリカ人もピンキリ。教養が低いアメリカ人なら、きちんと発音も出来ない人も多いしね・・・・。

数年前に、偶然知り合いになった日本人女性の家へ日本人のお嬢さんがホームステイに来る事になったと聞きました。

その日本人女性の旦那様はアメリカ人でその旦那さんが日本で英語を教えていたお嬢さんが来る事になったらしいです。

そこで、お節介な私は、その日本人女性が旦那さんがアメリカ人なのですが、まったくアメリカのことを知らない、プラス!車の免許も取ってないということで、私が色々と連れて行ってあげたりとしゃしゃり出たのでした。

実はその旦那さんは私のハニー君(旦那)と同級生で知っていたのですが、かなりの悪で、高校もろくに行ってない犯罪暦までもある人でした。でも彼は奥さんが日本人だったので、日本に住むことが出来、アメリカ人だったので英語を教えていたのでした・・・・。

もちろん、きちんとしたことを教えるスキルは0!

また、彼らの住んでいたのは、ちょっとサビの入った2部屋しかないボロアパート・・・・。そこへその日本人のお嬢さん子供部屋に子供2人と一緒に入れられていました。

ホストファミリーは貧乏で車も1台は壊れていて、1台は旦那さんが仕事で使いで、ない状態。その前のその奥さんアメリカへ3年以上住んでいて無免許。どこで時計の電池が売っているかとかも知らない状態でした。

アメリカに来た日本のお嬢さんはアメリカの大学へ行きたくて下見に来たのに、何も出来ない。

挙句の果てには、そこの旦那さんから(元自分の英会話の先生)、セクシャルハラスメントのような事もまで言われたそうで、

それを聞いたお節介オバサンはなは、すぐそこを出るように指示し、私の仲良しの友達の所へお世話してもらうことに。

実はその時私は妊娠中でつわりが激しく、寝込む事も多かったので、面倒が見れないので、友達にお願いしたのでした。

その間、食事代として1ヶ月に600ドルをその元英会話の先生へ払っていたのですが、その夫婦貧乏だったので、パンを食べるのも、文句言われたことがあったそうです・・・(汗)

日本人のお嬢さんは無事に新しいへホームステイをし、自分の部屋ももらってまったく違う生活をし始めました。

それでそのお嬢さんが、ホームステイ代に払ったお金を、ホームステイしなかった期間分を返金して欲しい。

って前の元英会話の先生夫婦へ言うと、そんなのは勝手にあんたが出て行ったんだから、返す義務はない!

って大もめ・・・・。

挙句の果てには、スカートを2枚置き忘れていたので、置き賃として1日のホームステイ代の75%を支払え!って言ってくるほど、すごい家族でした・・・・。(汗)

ええええ~~~~!!!!そんな人本当にいるの!!!

状態でしょうが、事実です。

もと英会話の先生夫婦は

”はなが彼女(金)を取った!”

って憤慨していたそうですが、私はこのことで一銭も頂いていません。

私はただ、その女の子がかわいそうで、仕方なかったので、つわりが終わってからは我が家で2週間ほどお預かりもしました。

我が家ほぼ、100%に近く全て英語の生活なので、英語の勉強にもなったことでしょう・・・。我が家はケーブルないので、TVも英語チャンネルしかありません。

また、聞く話では、お金目当てだけでホストファミリーをしている所は、家族が家にいない。共働きだったり、片親でいつも仕事をしている。中には3人も4人もホームステイをさせているけど、本人は仕事でアメリカに来たのに、アメリカ人と話す機会がなかった・・・。

または、食事があまりにも質素すぎた。

など、なかなか怖い話が多いのです。

なので、アメリカへホームステイって言うのも、本当にきちんとした所を使わないととんでもない事になるのです。

また英語を習うのも、アメリカ人の先生だから、大丈夫!ってことはありません。

また、オーストラリア英語、イギリス英語、アメリカ英語とはまったく違います。

言葉自体違う単語もありますが、発音はまったく違います。

私はイギリス英語は好きですが、でも私の英語は100%アメリカ英語となっているので、イギリスのTVや映画を見たときに違和感があるのです。

また、アメリカ南部へ留学した日本人の人を話していると、南部訛りの英語を話すので、それもとても違和感がありました(笑)

私のショップのお客様や、友達からも自分の子供には発音をきれいにさせたい!けど、どうすればいいの?って質問されるのですが、

いったいどの発音を言っているのか????

オーストラリア人の英会話の先生から学べば、きれいなオーストラリア英語の発音になるだろうし、イギリス人からだときれいなイギリス英語になるでしょ。

日本でよく、一般的に耳にする英語はやっぱり、アメリカ英語が多いことでしょうが、それでも、先生が南部の人なら、南部訛りの英語になるでしょ・・・。

アメリカ人でも発音と言うのははっきり言って難しいです。

息子が言っている小学校には発音に問題がある子供達にプロのスピーチセラピストが個人的について出来ない発音を治してくれます。

息子もそれを受けていますが、純粋なアメリカ人同士の子供達もかなりの数がそのセラピを受けています。

それくらい英語の発音と言うのは難しいです。

アメリカは人種のルツボ。

インド人たちの英語はかなり訛りがつよく、え?何?ッてことも多いですが、英語はかなり上手。

英語の発音がきれいだと大変な事も。

例えば、旦那に特訓され、小さい頃、外国航路の船乗りだった父から、英語は大事だ!ってあの当時には珍しく、アメリカ英語のテープを聞かされていた私の英語の発音は結構きれいです。←自慢自慢?


初めて会ったアメリカ人と会話をしていて、アメリカで育ったと思ったって言われた事も少々。←って言いながら、私の発音を聞いて、”なんじゃ!そりゃ~~~”ってちゃぶ台を投げないでください。

んが、そうなれば相手は私がかなりの英語力があると思い、すごい勢いで難しい単語なんかも使って話しまくりたてる・・・。

そうすると、もちろん私の英語力は発音ほどついてきてないので、ちょっと待った!!!!

ってなるのである。

なので、英語力があり、英語の発音もGoodなのが、一番だろうが、発音だけが良くても、英語力が伴わないと、大変な事になる。

ということで、英語の発音はどうあれ、アメリカ人は気にしない。

それよりも、コミュニケーション能力を身に着けることの方が、もっと外国人と対等に話すのに、必要なことだと思うのでした。

外国人の先生だから、って余分に\払っても、その先生がきちんとした人ではなければ\だけがもったいない!

また得たいの知らない所でホームステイをして、$の無駄遣いだった。

ってことがないように!

無駄に\を使わずに賢く、楽しく英語を学べるチャンスを作ってあげてくださいね♪

長くなりましたが、ここまで読んでくれてありがとうね♪

ぜひぜひ、皆さんもユタのきちんとした普段耳にするアメリカ英語を聞いて、楽しいホームステイをして、英語を話したい!!!向上心を伸ばしてくださいね♪

こちらのPreschoolの様子
ここで、サマープログラムなんかも行ってくれます♪アメリカでお行儀は学べませんので・・・。
プリスクール


違うクラス。色々な勉強をそれぞれのクラスに別れて教えてもらいます。
プリスクール2


アメリカの子供達と友達になって楽しく英語を学んでね♪
チェリーヒル

関連エントリー
-->

<<Tooth Fairy | ホームへ | タイトルなし>>

コメント
>特にボストン訛りや南部訛りのような訛りは無いと思いますよ。

ボストン訛りや南部訛り,はたまたコックニー訛りやオージー訛り等の有名な訛りは,地域の「訛り」としてしっかりと認識されているので訛っていても特に問題ないのですが,ユタ訛りは突如として出てくるので他の地域の人からすると結構おもしろおかしく聞こえるようで,笑われたり真似されることが多々あります。(ユタに長年住んでて他の地域の人にユタ訛りを指摘された私自身の体験談です)
しかも私を含め多くのユタ人が他の地域に出るまで「自分は訛っていない」と認識してるので更に衝撃は大きいですね(^_^; 私はユタと言っても南部ではなくソルトレイクにずっと住んでいましたが,それでも意識してないと他の地域のアメリカ人からしっかりと指摘されるくらいのコテコテのユタ訛りが出ます↓↓


>Laytonの発音がユタの人とその他の州の人の発音と違うんでしょか?

通常のアメリカ英語の発音とユタ訛りを比べると,ユタ訛りでは"Layton"の特に"t"の発音の仕方に特に違いがあります。そしてその発音の仕方は普通のアメリカ人には非常におもしろおかしく聞こえるようです・・・
あと,地名だとweberとかは元々通常の読み方と違ったりするのですが,そうではなくLaytonや"St.George"の発音は完全に「訛り」のせいで違う読み方をしますね(笑)
【2008/07/23 01:26】 | ユタは・・・ #- | [edit]
Kari Maloneさんのコメントまったく気づいていませんでした・・。すみません。
それに今日コメントくださったユタは・・・さんも素晴らしい英語力なんですね。
私はレイトンには住んでいませんが、Laytonの発音がユタの人とその他の州の人の発音と違うんでしょか?それはまったく知りませんでした!びっくり!
ユタはまったく訛りがないというは確かに言いすぎかもしれませんが、特にボストン訛りや南部訛りのような訛りは無いと思いますよ。ただ、ユタの南部の方には訛りがあるって南部出身の友達が言ってました。ユタは結構と地名に関しては独特な読み方をする地域も多いので、ユタ州に住んでいても、きちんとした発音で読むことができない人もいるので、ナショナルTVで放送されたときには違ういい方で読まれることも多いですよね。
でも、私もまだまだ英語勉強不足です。どうもありがとうございました。
【2008/07/20 15:53】 | はな #- | [edit]
結構訛ってますよ。

melk
harse
hairicane
とかって具合に訛ります。
あと,はなさんのお住まいの"Layton"の発音もユタ人は独特の言い方しますし。
【2008/07/19 16:34】 | ユタは・・・ #- | [edit]
初めまして。私もユタに留学してました。突然ですが、ユタ訛りありますよ。

【2008/02/05 02:04】 | karl malone #- | [edit]
やっぱりToy storyのBuzzだったんですね。我が家の子供達もToystory好きですよ。ちなみに長女の布団はジェシー。ベッドにはウッディがいます。

英語の聞き取り(耳がよくなるのは)DVDやCDとかでカバーできるけど、やっぱりコミュニケーションはカバーできませんからね。私の姪が始めて旦那と会ったときに緊張して泣き出しました(汗)慣れればもちろん色々と話してたけど、やっぱり外人慣れするってことも大切なことかもしれませんね。
【2006/03/25 09:52】 | はな #- | [edit]
イギリス英語とオーストラリア英語とアメリカ英語。もともとはイギリスからどちらも移民してきたのに、発音やイントネーションが違ってきているのは興味深いですね。イギリス人は寒いから?旦那曰く歯が汚いから(おいおい!)口を開けてしゃべらない。オーストラリアはイギリスのコックニー訛りがそのまま受け継がれているので、イギリス英語に近い(?)本当に色々な人の英語を聞くと楽しいですね。

そうそう、そのお嬢さん今月アメリカ人の男性と結婚したんです!私も結婚式行ってきました。お節介オバサンはながこれからもお節介することがおおくなることでしょうね・・・。
【2006/03/25 09:24】 | はな #- | [edit]
はじめまして♪来てくださりどうもありがとうございます♪

狭い所ですが、どうぞどうぞ。お茶でも。←もうええって?

本当にネット上だと国も何もないし、まるでどこでもドアのよう。でも実際は遠いいですね(T_T)
私も今年5年ぶりに里帰りです!

またいつでも遊びに来てくださいね♪
【2006/03/25 09:01】 | はな #- | [edit]
ここにきてくださる方は英語に関しても知識も多い方々なので、余り発音のことは言われないけど、私の友達やショップのお客様からは結構発音が!発音が!って言われます。やっぱり英語上達は発音よりも、コミニュケーション能力がつけることが一番だと思います。イザとなればボディラングエージでもOKだしね。やっぱり度胸でしょうかね??
英語も本当に人によって分かりづらい英語の人がいます。家の旦那がそれ。(汗)もっと簡単な単語使えよ!って思うことがある・・・・。同じ意味でも違う言い方なんかをするから、旦那と英語で話すのは面倒なのである。(笑)お陰で色々学べるんだけどね・・・。後私はインド人と英語で話すのが苦手。何を言っているのか未だに分からないことが多いから・・・・。
【2006/03/25 08:58】 | はな #- | [edit]
こんにちは!カメレスですみませ~~~ん。ちなみに旦那は親父ギャグがすごいです。思い切り白人の顔でいきなり親父ギャグをかますので、日本でみんな笑う先に引かれていました・・・(笑)よく友達にも夫婦漫才?って言われています。(汗)
そうそう、ユタの中でも南地域には訛りというよりも、単語の読み方が違ったりする所はあります。後フィラデルフィアではなく、ボストンとNYが大きな訛りのところだけでした。もちろん人によってクセのようなことはあるでしょうが、ユタは比較的きれいな発音の場所です。
そうそう、結構いいかげんな外人の人たちも多いので、気をつけないとね・・・。外人だから英語話せても、スキルは0って人多いですからね。大学行ってても、卒業がサイエンスとかなら幼児教育のことは知らないしね。なかなか難しいですよね。
【2006/03/25 08:53】 | はな #- | [edit]
こんにちは。
オートサーフの時にも書き込みをしたBuzzです。
こちらにもおじゃましています。
HNの Buzzは、そうです BuzzLightYearからとりました。
耳鳴りではありません^^;

もうすぐ4歳になる息子が ToyStoryのファンで、
1日にToyStory、ToyStoryⅡを3Set見せられる
なんてことも、ザラです。
この ToyStoryを英語で聞かせる、ってこともしてます。
おかげで(かどうかわかりませんが)英語の発音は、
日本人とちょっと違うし(Rの発音なんか)、
色を表現するときには英語を使うことが多いようです。

でも、そうですよね。
発音よりも、例えばアメリカ人を前にして、モジモジしてるよりも、
どんな発音でも良いからとにかく話してみることが
大切なんでしょうねぇ。

改めて、日本人の英語の勉強方法に問題がある、
ってことを思い知らされました。
【2006/03/23 16:05】 | Buzz #- | [edit]
子どもたちの英会話スクールは、担任せいなのですが、1年~1年半くらいで変わります。
今までイギリス・カナダ・オーストラリア・・・といろいろな先生に習いましたが、自分がアメリカ英語なので、イギリス英語にはやっぱり少し違和感がありますね~。
”しまうま”もそのひとつです。
”ズィーブラ”とカナダの先生に教わってたのに
イギリスの先生には”ゼブラ”と教わります。
紗夢ちゃんはイギリスの先生が多いので
”H"エイチの発音が”ヘイチ"です(^^)b
それでも私が"エイチ”と言っていたので、アメリカ英語とイギリス英語が少し違うことを教え、どちらでもいいよ~と言ってあります。
今はたくさん英語を聞いて、いろいろと聞ける耳をもってほしいですね!

留学の娘さんの話、びっくりです。
そんなこともあるんですね!勉強になりました。
途中で助けてあげられてよかったですね。さすがはなさん!!すばらしいです!
【2006/03/23 07:20】 | しゃらまむ #- | [edit]
書き込みありがとうございます。
ユタ州にいらっしゃるんですね、びっくりです(゜O゜)
ネットってつくづく凄いですよね.
よかったらまた遊びに来てください。
【2006/03/21 00:01】 | paris55 #- | [edit]
日本人って、英語の発音気にするんですねぇ・・・(笑)語学を習っている方で、いったいどれだけの人が英語を聞き分けられるんでしょう・・・・?と毒づいてみる
m(__)m
実際、USA・UK・AST・CAN・ISRなどなど・・・たくさんの国籍の方の英語を耳にしたことありますけど・・・アタシのレベルじゃ、ナンボもかわらないような気がします(笑)知り合ったアメリカ人も台湾系だったりフィリピン系だったり、、、。どれが標準語なんだか?(気にしたこともないし)それよか、男性の話す英語は聞き取りづらい・・・(^^;。
日本は、アメリカ英語の方が一般的といわれますけど、外来語はイギリス英語がてんこもりだし・・・おもしろい国ですねぇ、日本って。(なぜに、ひとごと?)
【2006/03/20 01:05】 | Campbell #uCjMB7EQ | [edit]
”右に見えますのは~、右手でございます。”

うけました~。
すごい古典的なギャグ♪

ユタ州の発音がきれいというのは初めて知りました。
わたしもそんなに発音重視じゃないけど、先生のスキルは気にはします。
今、プライベートで探してますが、自己紹介を見ているだけでも玉石混淆だってわかりますね~。
ほんとに、いろんな方がせんせいやってます(^^;)


【2006/03/19 23:31】 | あひる #amS06Jd. | [edit]
素晴らしい!!!まったく私も同感です。英語って言うのをどこに重点をおくかによって勉強の仕方は変わってくると思います。

翻訳家だけになりたいなら、コミュニケーション技術を伸ばすよりももっと知識的な部分を勉強しなくてはいけないし、英語を話す事に重点を置くならやっぱりコミュニケーション技術を身につける必要がありますよね。そのためには発音を気にしすぎて話せなくなっては困るので、発音よりも英語がスムーズに出てくることを学ぶ方がいいですよね。外人の先生達は、外人を見ても怖がらずにコミュニケーションをするってことではとてもいいと思います。

私の日本の姪は始めて旦那を見せたときに、緊張しすぎて、びびって泣き出しました(汗)

色々な国の人が英語を話しますが、旦那は仕事の関係で世界中の人とほぼ毎日会話なり、メールをしているのですが、日本人の英語は一番文法が正しい。アメリカ人よりも正しい文法を使っている!って感心しています。(書く方)なので、日本人の英語レベルって結構高いけど、話すのは別だね。って言っておりました。やっぱり正しい日本語を話さなきゃ!って緊張するからでしょうかね???
私のように間違った文法でも平気で喋り捲って旦那に違う!って直されても、平気な図太さだから、英語も赤点から今の状態に成ったんでしょうね・・・・。

本当に世界中の人と色々な話が出来る!なんてすばらしいことでしょうね!

レイトンママのところはホームステイもきちんと面接をして家族のバックグランドのチェックまでする厳しさでホストファミリーを選んでいるので、それは間違えなく大丈夫です。ご安心を。もし、各国のなまり英語が聞きたい時にはぜひ我が家へお越しください。旦那がタモリさん状態で歓迎いたしますので(笑)


【2006/03/19 20:26】 | はな #- | [edit]
こんにちは。
ホームステイ、この類のこわいはなしは結構あるようですね。
娘を留学させるのをためらう最大の理由がこれでした。
でもレイトンママのところなら大丈夫と思って実現に向けて頑張っています!

発音については実はあまりこだわってません(少数派だと思います)
今のこども英会話スクールに入ったときやはり日本人先生にひっかかりがありましたが、家でその十倍以上のネイティブの発音をビデオ・CDなどで聞いているのであまり問題になってない事に気が付きました。

また、こども英会話のミネルヴァでは3ヶ月に一回外国人の先生が来るのですが、国籍もばらばら。
同じ先生にはまだあったっていません。
中には聴いたことも無い国の先生もおり怪訝な顔をもしかしたらしてしまったのでしょうか?・・・こんな説明をしてくれました。

英語と一口に言っても色んな国があります。
その国によって発音などは少しずつ異なるけれど、
英語はコミュニケーションの手段なので色々な英語にふれてほしい・・・。

ああ、なるほどと思いました。
エジプトママもなまりはあり、最初は???だった言葉の癖がだんだんわかり会話しやすくなってきています。
基礎さえきちんとしていれば、個人的には余り気にしなくていいのかな~・・・なんて思っています。
【2006/03/19 19:52】 | うっかり主婦 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://newselestusa.blog48.fc2.com/tb.php/31-11cabfe4
| ホームへ |
プロフィール

レイトンママ&時々はな

Author:レイトンママ&時々はな
アメリカユタ州で親子留学、小学校体験、高校留学、語学留学、シニア留学、を現地よりカウンセリングをしながら受け入れているレイトンママのブログです。アメリカ留学の夢に一歩近づきませんか?ご質問などお気軽にしてくださいね!
やりたい仕事で幸せになる!
名古屋女性・企業独立100の物語

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。