スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連エントリー
-->
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

アメリカ 高校留学後の進路について

2008.10.08(22:29)
高校留学 交換留学が正規留学迷われてる方必見!

(安心で格安な高校留学、語学留学、シニア留学、ホームスティ 留学のことでしたらなんでもご相談ください。)


こんにちはレントンママです。


今週はとてもうれしいお電話がにほんからきました。

今年私立の高校をこちらで卒業した留学生の子から自分の希望していた大学には入れたと連絡がありました。


彼女は高校2年で交換留学に来て、一度はアメリカの大学に進みたい思い高校3年を正規留学に切り替えてこちらに戻ってきて、こちらの私立の高校を今年の5月に卒業しました。

とても美術の才能があって卒業アルバムの表紙には彼女がコンピューターグラフィックで描いた学校のシンボルマークであるイーグルが採用され私までとても鼻が高かったです。

高校の校長先生もとてもほめていらっしゃいました。



アメリカは日本と違い、「受験」というものはありませんが、SAT,ACT,ミシガンテストなどのような共通テストのスコアが必要になります。

外人の子達はTOEFLのスコアをもって願書を出すことができます。ただどちらにしてもアメリカで大学進学するためにはかなりの勉強量が必要となります。



1年だけの交換留学というのがアメリカの学校側も「文化交流」として受け入れてくれてますから、アメリカの高校を卒業するということは前提としていません。成績は悪かろうが、英語が上達してなかろうが、それは本人次第で学校からのサポートと言うものはないと思ったほうがいいです。



本当にあって怖い話は、交換留学にいった子がいってみたらホストファミリーもいなく、

ご親切にホストになると名乗りをあげてくださったご家族の近くの学校に1年行って、

1年終わったら1年聴講生扱い! まったく単位をもらうことなく、学校へ問い合わせをすると交換留学生は文化交流で彼の英語力ではクレジットを挙げられない」とのこと。彼はこちらに残ることをきめましたが、再度同じ学年をやり直さなければいけなくなりました。



留学はあくまでご本人とご両親の心構えがとても大切です。いくら大手の留学会社だから、2年アメリカに行かせたから日本の有名大学に帰国子女枠で入学できるとお考えにならないように。



あくまで留学の目的をはっきり自覚し、毎日少なくとも3時間は学校から帰って勉強するくらいの心構えをして留学に向かってくださいね~。

アメリカ留学のお問い合わせ

お問い合わせ

姉妹ブログ

英語動画で英語を学ぼう!



ただいま長期親子留学に来てくださっているYUKAIさんのブログです♪ぜひ、ユタでの親子留学の様子、生中継!ぜひYUKAさんのブログ読んでみてくださいね♪

YUKAIさんの親子留学ブログ

”corne diary” 



そして、もちろんランキング!!!!
今日もよろしくお願いいたします!

F2ランキング
もう一つランキング
ありがとう!!!!!!

はながオーナーのショップ、アメリカの商品を個人輸入!欲しかった商品をお手ごろ価格でお届けいたします。お買い物代行ショップアメリカン★キューティパイはこちらから 

アメリカン★キューティパイ





関連エントリー









関連エントリー
-->

<<親子留学現地のサポートについて | ホームへ | レイトンママよりご報告>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://newselestusa.blog48.fc2.com/tb.php/281-4b474978
| ホームへ |
プロフィール

レイトンママ&時々はな

Author:レイトンママ&時々はな
アメリカユタ州で親子留学、小学校体験、高校留学、語学留学、シニア留学、を現地よりカウンセリングをしながら受け入れているレイトンママのブログです。アメリカ留学の夢に一歩近づきませんか?ご質問などお気軽にしてくださいね!
やりたい仕事で幸せになる!
名古屋女性・企業独立100の物語

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。