スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連エントリー
-->
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

アメリカの小学校1年生のVocabulary

2007.12.21(15:43)
今日もまずは、ランキング情報から♪

なんと


12位! 

もう今頭の中で

走れ♪走れ♪(俺達♪   じゃないのよ!)

コウタロウ~~~~♪

が流れています。

本当に皆様の応援ありがとうございます!

後1歩で

ベスト10入りです!!!!

と言うことで、今日も応援よろしくお願いいたします!

F2ランキング
もう一つランキング

ありがとう!!!

さて、今日はうちの小学校1年生の娘が今習っている英単語をご紹介♪

娘のクラスでは、My Vocabulary bookと言う、単語リストがあり、それを覚えて、先生やボランティアのお母さんたちがクラスで子供達一人一人に単語を読ませて覚えていれば、シールを貼り付けてくれるシステムがあります。

1ページに10個の単語が書かれてあり、リストは1から32まで。

1ページに5回ずつ家で練習をして、親がきちんとサインをする。

けっこう、時間がかかるし、まだ単語を読み始めることを学び出したばかりなので、なかなか、親も忍耐がいる作業である。(汗)

今日は、そのリストのVocabularyをご紹介♪

Under
Light
Sit
Today
Been
Goes
Own
Kind
Only
Shall

これが、1リストである。

これを小学1年生で見て読めるようになる単語だそうだ。

大出血サービスでもう1つくらい書きましょうかね!

Small
Its
Better
Clean
Does
Full
Those
Best
Six
Warm

私が中学の時はこんなに単語知りませんでした!すごい!アメリカの1年生!

って、英語で生活してるんだから、当たり前か・・・・。

単語を読む時のルールと言うのがあって、例えば、

Been

EEのようにEが2つ重なると
イーって伸ばすとか、

Clean
のように母音が2つ重なる場合
EA
前のEの発音をしてAは読まない。

Book

OOのように2つOがかな申と
ウーの発音になる

などを頭に入れて、それから、後はフォニックスで読むである。

でももちろん100%全ての単語が上記に当てはまるわけじゃないけど、多くの単語は法則にしたがっているのである。

そうすると決行読めてくるのである。

もちろん、生活が英語で行っている家の娘は、単語を読めれば意味は分かる。

自分で単語1つ1つの音を出していると、

あ!って途中で分かるらしい。分からない単語もあるけど)

単語数が増えてきたので、最近は簡単な本を読み始めた。

その横で、日本語の本を開いて、自作の英語で本を読みをする、次女。

最近では、難しい単語の説明をしてくれる小学5年生の息子。

私の単語力もUPさせないと・・・・。

ランキングの応援よろしくお願いいたします♪
F2ランキング
もう一つランキング

親子留学、小学留学、中学留学、高校留学、シニア留学、社会人留学、キャリアアップ留学
何でもお問い合わせくださいね!
ここをクリックしてくださいね。 

こちらが当社のホームページです。
SELECT Education USA

はながオーナーのショップ、アメリカの商品を個人輸入!欲しかった商品をお手ごろ価格でお届けいたします。お買い物代行ショップアメリカン★キューティパイはこちらから


関連エントリー
-->

<<サンタへの手紙と、サンタからの手紙(英語版) | ホームへ | 子供の笑顔、やる気が、その子を伸ばすんだなぁ~。>>

コメント
カメレスになってしまってすみません。
思わず見落としていました・・・。(汗)
そうですよね、年末年始は忙しいものですからね、またゆっくり落ち着いてから遊びに来てくださいね!
フォニックスって今はかなり力を入れていますが、(なんせ読み書きできないアメリカ人未だに少なくないですからね・・・)昔はそう言うシステムもなかったのかも???私も旦那に聞いてみますね。今は子供用の教育TVでもフォニックスに力を入れているTVは少なくありませんからね。話すことが出来ればフォニックスが出来れば後は文字を読むことが出来ますからね。親がホームレスで子供が学校へ行ってない、そのこたちが将来どうなるかは目に見えてますから、アメリカ政府も教育って事に力を入れているとは言ってますが、実際に読み書きできない中学生以上の子供は沢山いて、ボランティアの人たちが教えたりもしています。日本では想像が出来ないですよね。日本とアメリカの文化の違いがあるので、日本ではその子供の英語力にもフォニックスが関連してくるでしょうね!おいそがし中、コメントありがとうございます!
【2007/12/29 01:04】 | はな #- | [edit]
あらら、レイトンママさんも書かれてたんですね~。失礼しました~。ここんとこバタバタしてて、他の記事も読みたいんですが、まだ読ませていただいてません。フォニックスあれから、少しだけアメリカ人に聞いたんですけど、子どもの頃フォニックスやってないとか言われちゃって、覚えてないだけなのでしょうかね?ちょっと今はTOEICで手いっぱいです。年賀状もまだだし・・。
落ち着いたらホームページやショップの方も見せてもらいます。
コメントの返事で伺ったんだけど・・・、そうそう日本人は自称英語ができないけど、だいぶ話せる人多いですよね。息子さん、難しい英語教えてくれていいですね!
【2007/12/25 15:12】 | ナッツ #uLRbujhI | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://newselestusa.blog48.fc2.com/tb.php/211-3938ef5d
| ホームへ |
プロフィール

レイトンママ&時々はな

Author:レイトンママ&時々はな
アメリカユタ州で親子留学、小学校体験、高校留学、語学留学、シニア留学、を現地よりカウンセリングをしながら受け入れているレイトンママのブログです。アメリカ留学の夢に一歩近づきませんか?ご質問などお気軽にしてくださいね!
やりたい仕事で幸せになる!
名古屋女性・企業独立100の物語

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。