スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連エントリー
-->
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

逆親子留学(?)で語学に関してわが子供たちが変わったところ。

2006.11.07(15:27)
こんばんハッ!と気が付けばもう11月6日ではないか!

いやいや、まさに光陰矢のごとし。←いや~、たまには難しい(?)日本語も使ってみたりして。

一秒でもぼ~~~って鼻なんかをほじっている時間も無いのである。ホジホジ。

日曜日に親子留学に来てくださっていたTOMOさん親子が無事に日本へ帰国いたしました。あ!!!!!ってと言う間の10日間でしたね。

なんとTOMOさんこのはなにまでなんと新潟産の新米それも10月に精米したての

こしひかり & 新潟産のミソ!

をはるばる日本から持って来てくださりました(T_T)

それももちろんレイトンママとホストファミリーと我が家で米だけでも15kg!

ひょえ~~~~~~~

それにミソ3kg!

みそょ~~~~~~~~~

まるで戦時中のように米とミソをかついできたTOMOさんの日本魂!!!!

ありがとうござる。今日はなはありがたくご飯いただきました。

うんめぇ~~~~~~~~~~~~

新米だから水少なめにね。

ってTOMOさんから訓告されていたにも関わらず、アホなはなは、普通に入れてしまい、20分くらいしてから

あ!!!!!水入れすぎだよ!!!!!

って気が付き急いでフタを開けて水を出そうとしましたが、時遅し・・・。

んでもおいしかった。

アメリカ人の米のおいしさなんて分かるんかいな?って思うハニー君でさえ、

”今日のご飯甘い!おいしい”←違いが分かる男(コーヒーのCMではございません)

って言っておりました。ちなみに味噌汁も作りました。

ご馳走様でした!

今度なごやんからいただいた”菜の素”も使わせていただきます!!

実はなごやんさんかもお土産沢山いただきました。

皆さん気を使わないでくださいね。本当に嬉しいのですが、負担にならないようにしてくださいね。

ちなみにお菓子はあ!っと言うまに子供たちが喜んで食べてしまいました。やっぱり日本のお菓子はおいしい!!!って言っておりました。

さて、今日は逆親子留学(?)についてでございます。

日本へ2週間ほど戻っていましたが、我が子達は、誰にでも気にせず英語で話しておりました・・・。

もちろん兄家族はだれも英語話せません。

中3の甥とアンドリューは不思議と日本語と英語で会話をこなしておりました。

いちばんの変化はAbby 

この我が儘長女は日本へ行く前は

”I am not Japonese! I don’t want to speak Japonese! ”私はジャポニースじゃない!ジャポニーズは話さないから!”
ってジャパニースだろ!って何度言ってもジャポニーズって直そうとしなかった娘ですが、日本にいる時に

”I love Japan! ”

に変化いたしました!

それプラス!今いちばん日本語を家の中で使うのはなんとAbbyなんです。

っといっても

”イヤだ!” ”ダメ!”がいちばん多く・・・・(これでよかったのかしらね???)

”ありがとうございました” ”ただいま” ”これください”

など積極的に日本語で言うようになっている。

これにはびっくり!

それもアンドリューよりも発音もきれい♪

アンドリューはアメリカと日本とどちらに住みたい?ッて聞くと

日本!!!

って言うほど日本が好きな割には、日本語の発音もかなり下手・・。それにAbbyほど日本語も使おうとしていない・・。←日本に住みたいならもっと日本語勉強せい!!!!と母は叫ぶ。


とにかく、子供たちを日本へ連れて帰ってよかった。

直接日本を見て、感じて、日本が好きになってくれたから、日本語もがんばろうって思っているみたいだし、このまま、私とハニー君ががんばり次第で子供たちがもう少しは日本語が話せるようになると思う。

そう、後は私たち次第かもね・・・。←以前より少しは日本語が会話に入って来ています。今はね・・・。

でもとにかく、日本へ今回行ってからかなり日本に対しても積極的な考えになってくれた事が今回日本人の私にとっては嬉しいことである。

Andrewは日本の学校へも行かせてもらいました。彼には本当に楽しい経験だったようです。私もその間ズーっと一緒に通訳状態でついていましたが、日本の小学生たちもとても優しくてアンドリューに興味津々ですぐにお友達になってくれて本当に楽しかったです。←これはまた次回に詳しく。

学校へ行かなかったAbbyとSylvyですが、近所の子供たちと一緒に遊んだりで楽しかったようです。

短い期間なのでまずは言葉がぺらぺらになるってことは100%ありません。でもその間に子供たちが楽しかった!また行きたい!ッて思えること、色々な世界があるんだ!って違いを理解できることって大事だと思いました。親として色々な経験を子供たちに与えてあげて、将来子供たちが自分の世界へ飛び出す時に色々な観点で物考えれる人になって欲しい!子供たちが自分の可能性が無限なんだ!何でもトライする行動力なんかを身に付けてくれればって欲張りなことを考える私でした。

刀

実は私の親代わりの方は刀の砥ぎ師さんでございます。この刀は本物で200年ほど前の刀。この写真を撮るの前に持たしてもらった刀はなんと200万円くらいだったので、

”落とすなよ!!!!落とすと日本で働いてもらうからね!”って息子に言っておりました。

日本刀が欲しい方お問い合わせください。本当に日本刀買うことが出来ますので。←ってこのブログを読む方々とはちょっと志向が違うって???

でもハニー君は本物の刀欲しいようですが、

どこへ置くのよ!?

アビ

日本大好きになたAbby
聖子ちゃんデザインの着物を着て。髪も自分の髪で結いました♪

しる

シルビーはボケているのか?日本へ着いて2日目に、”日本へは行くの?”
ってあんたね・・・・。ここは日本よ!アメリカとまったく違うだろが!!!!ちなみに、シルビがいちばん好きだったのは海岸だそうです。じゃ日本じゃなくてもね・・・。あ!それとおにぎり島も好きだったそうです。(瀬戸内海におにぎり島ってあるんですよ)

今日もランキングよろしくお願いいたしまする。
F2ランキング
人気blogランキングへ
ありがとうござんした♪

はなのブログでございます。ちょっと更新してなくてごめんなさい!!!


アメリカ生ナマ英語のメルマガ登録はこちら
関連エントリー
-->

<<久々に今日はお薦め英語の絵本☆Thanksgiving!ガボガボ | ホームへ | 親子留学体験談 ただいまユタに親子3人できています!>>

コメント
こんにちは。これ見てくれるとうれしいです。
私が留学したのは26歳の時、周りは18,9の子達と一緒結構引け目はありましたけど、アメリカはいつでも青春チャンスはあります。がんばっちゃいましたよ~。

私はユタ州のことしかわかりませんけど、カリファルにアに行きたい方は多いいですよね。
でも、確かに日本人が8割の語学学校に行って英語やアメリカ文化に接するのは難しいことと思います。
せっかくアメリカに来るのなら、アメリカにどっぷりとしたるのがいいよね。

ユタは日本人もまだ少ないのとアメリカでも有数の治安のよさ。そして、ホストファミリーは厳選してお願いしていますので安心していただけると思います。
また私の家はいつもゲストにオープンハウスですから困った時や病気の時はすぐ私の家に来てもらえます。

日本人は自立型の民族ではないのでどうしても固まりがちですけど、留学をどうしてしたいのかよく考えて、本当に英語が話せる国際人になりたいとお思いでしたら、ご両親を説得するお助けしますよ。
おでんわでお話ししますのでお連絡くださいね。

michielayton@msn,com

わたしのMAILアドです。

おまちしてますね~。
【2006/11/10 05:05】 | レイトンママ #- | [edit]
ごれんらくありがとうございます。もちろん色々と留学のご相談のらせていただきますので、よろしければメールアドレスをお知らせください。
よろしくお願いいたしますね♪

michielayton@msn.com
では夢がかないますように♪
【2006/11/10 04:38】 | はな #- | [edit]
753ではなく、953をしてきました。って意味分からんって??
ただ、着物の写真が欲しくてね。それでスタジオアリ○で撮って来ました。でも以前に関東に住んでいた時にスタジオトムソー○ってところでも着物の写真を撮ったんだけど、そっちの方がバックとかもっと日本的なものが多くて個人的にはトムのほうが好きでした。
家に飾る用の写真が欲しかったからね。


実はドレスバージョンまで撮って来てすごいよ。また今度ご紹介を・・・。

そうそう、ついつい口だしするんだけど、本当は自分の人生だから人様にご迷惑をかけてはだめだけど、自分で正しいことを突き通す強さを持ってもらいたいね。親になって自分も色々冒険したから子供達に持って思うけど、自分がしたことを実際子に子供達がしたら、きっと反対するかも(汗)なんせ無茶苦茶なことしてたからね・・・。でも安全に冒険してくれればって思います。
【2006/11/10 04:35】 | はな #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/11/09 13:59】 | # | [edit]
かわいい!かわいい!すっごくかわいい♪
七五三してきたの??

>短い期間なので・・・から
>何でもトライする行動力なんかを身に付けてくれれば・・・まで。

とっても共感しちゃいます(^^)
私もそう思います!!
親がレールを用意するのではなく、自分で道を切り開けるように準備してあげることが、今の私にできることだと思ってます!
親子で色々な経験をして、いろいろなものを見て感じて欲しい~!!

3人とも日本好きになってくれてうれしいですね(^^)
【2006/11/09 05:40】 | しゃらまむ #- | [edit]
ホントお米とお味噌とありがとうね!おまけにパワーレンジャーのお洋服たちほんとにうちの子たちは楽しませてもらってます。
無事にプログラムが終わってホントによかったです。
パパもほっとしてることでしょう。
明日はなごやんさんが帰りますよ~。
これから親子留学したい方たちのよきアドバイザーとしてよろしくお願います。
ほんとに来た方たちの経験談ってとても貴重だと思うんですよね。
よろしくね~。
【2006/11/08 16:42】 | レイトンママ #- | [edit]
そうなんですよね~。
日本からのものってほんとに貴重品!
日本に入るとわからないけど、おせんべいが食べたくなったり、漬物が恋しかったりね。
かっぱえびせんだって貴重品です!
はなさんがいろいろ書いてるけど、催促しているわけではないので気を使わないで春にきてくださいね~。v-392
【2006/11/08 16:39】 | レイトンママ #- | [edit]
春はたのしかったよね~。
今度は夏もいいわよ。
ホント家族で海外って勇気がいると思います。でもその勇気を出した分成長できるんでしょうね。
私も来年こそは子供達を日本に送りたいと思ってます!
【2006/11/08 16:34】 | レイトンママ #- | [edit]
おかげさまで、初めての親子留学を、楽しく無事に終わらせることができました。
帰りもスムーズに帰ることができて、ホントに今回はラッキー続きでしたよ。
お米とお味噌も、美味しく食べてもらえたようで良かったです!
頑張って持っていった甲斐があります。
私は、すっかりいつもの家事と仕事に追われる生活に戻ってしまいましたが、やっぱり子供たちには少し変化が出てきたようで、普段の生活の中でも、「これは英語でなんて言うの?」とやたらと聞いてくるようになりました。
こういうことがきっかけになって、自分で学んでいきたいって思うんでしょうね。
そういう意味では、今回の親子留学は私たち親子にとっては、大成功だったと思います。
本当に、レイトンママをはじめ、たかみママ、はなさん、ありがとうございました!!
私は東京に住んでいますが、もし、近くの方で直接話を聞きたいとか、写真を見たいって思った方は連絡してくださいね。(メールアドレス載せましたので)
私たちが体験してきたこと、いっぱいお話しますよ。
【2006/11/08 16:20】 | TOMO #- | [edit]
お土産、、、海外にいる友人に会いに行く際は、やっぱ持って行ってあげたくなる・・・
私は、いつも欲しいものを直接聞いちゃってます。この前行ったOHシンシナティの同級生は、本とお漬物とお煎餅のリクエスト。
数冊の本&雑誌、真空パックのお漬物、おかき各種をわんさか持って渡米しました。
とっても喜んでくれて、その顔を見たらこちらの方が嬉しくなっちゃって、幸せな&優しい気持ちになれちゃいました。
お土産、、、それ以外でも、プレゼントは何でも嬉しい私ですがぁ。。。

>短い期間なのでまずは言葉がぺらぺらになるってことは100%ありません。でもその間に子供たちが楽しかった!また行きたい!~~~何でもトライする行動力なんかを身に付けてくれればって欲張りなことを考える私でした。
↑、ホントにホントぉ~に、その通りv-237
だから、娘達を行かせてる&行かせたい、我がママTSです・・・

はなさん一家が日本を大好きになって、興味を持ってくれて、我がことながらに嬉しく思ってまぁ~すv-238
良かったですv-221
【2006/11/08 15:15】 | 我がママTS #4E/hvK92 | [edit]
なんか、いっぱい、いっぱい、いい経験したみたいで
よかったね~。
シルビーちゃんの
「日本へは行くの?」は笑えたわ。
うちもアメリカ行ったとき、
「アメリカってどこよ」を毎日質問されたわ。

いつか、里帰りついでに京都、奈良なんて行きたくなったら、うちに泊まってね~!
4LDKだけど、うちの家族お客さん大好きだからね。

うちも、セントジョージに2,3年おきに帰ってます。
って言うか、里は長崎だけど、ホームステイさせてもらったアメリカの家族が本当に娘家族のように待ってくれてるから。
行く度に子供の年齢も違うし、感じ方も違う。
成長も違う。
本当にいろんなこと、感じてくれるのが
なによりの財産。

行くときは旅費のこととか、日程のこととかで
きびし~とか思いながら行くけど
子供の成長を見るときお金に変えられないものを
得た気がするよね。

とは言え、はなさんは、
とにかく、お疲れ様でした。
【2006/11/07 22:43】 | はるくる #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://newselestusa.blog48.fc2.com/tb.php/121-669b3216
| ホームへ |
プロフィール

レイトンママ&時々はな

Author:レイトンママ&時々はな
アメリカユタ州で親子留学、小学校体験、高校留学、語学留学、シニア留学、を現地よりカウンセリングをしながら受け入れているレイトンママのブログです。アメリカ留学の夢に一歩近づきませんか?ご質問などお気軽にしてくださいね!
やりたい仕事で幸せになる!
名古屋女性・企業独立100の物語

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。