スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連エントリー
-->
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ホストファミリーをどうやって選ぶか

2006.10.09(23:55)
ホストファミリーの選び方。


こんにちはレイトンママです。

最近コンピューターの調子が悪くて(パパが言うには私のコンピューターは化石に近く、もう限界らしく、パパのコンピューターくれるって言うんですが、日本語がうまく打てないんです。

今日からまた出張に行ってしまって、お手上げ! また古いので書いてます。お返事遅れてる方いましたら。すみません。



ホームステイを調べたことのある方はお分かりになると思いますが、
大体の留学会社さんはアレルギーなど有無以外の理由以外にはホームスティを選ぶことができないと書いてあります。

前にも書きましたが、人種、子供の有無、家族構成、仕事の内容、などでは、選べません。というのが普通です。

特に大きなグループさんを引き受けるところは、業者さんがホストに会ったことがないというところは多いいと思います。

特に夏のホームスティ企画ですよね。

そんなに簡単に言葉の通じない文化も違う子を預かってくれるおうちが、夏のバケーションの真っ只中に、50件も確保できるってすごいことだと思うんですよ。

いざ、日本で、アメリカ人の子達が夏に100人来るから50件集めないと、といわれてできるかなあ~??
とお考え下さったら想像つれると思います。

私もお誘いするおうちの半分は、大概はバケーションと日程が重なるので、次回にということになります。

私もこのホスト選択が一年中の中で一番のストレスになるんです。
幸い、ホストの皆さん「後何家族必要なの?」と自主的に回りのお友達に聞いてくださるので、私が、ビラまいたり、新聞広告出さなくてすんでます。

一番多い質問は

どうして、ホストファミリーに一人ずつ入れないのか?

たくさんの英会話学校さん、ご父兄の方々からのご質問なんですが、

一人ずつホームスティに行ったら、もっと英語を話すチャンスがある。というのは一概に言えないことなんです。

大概の日本人の子は(きっとアメリカ人でも同じと思いますが、)
知らない土地で、知らない家族のなかで、初めてのベットールームで
ぽっと一人で置かれて、せいぜい聞かれることにうなずくくらいなんですね。

大概の子は与えられたベットルームから出てこないで、夜にはホームシックで泣いてるってこと珍しくないんですよ。

また、自分を弁解できる英語力がない場合、おうちの中で何かが壊れたりなくなったりしたとき、「自分がやってないということをしっかり説明できない」
うちでは必ずお子さんのいるお家でホームスティーをお願いするので
こういうことも結構あるんですね。

思春期の初めの頃の小学生高学年の子達は親御さんがそばにいないとか、なんか開放感や、映画でしか見たことないようなお人形さんみたいな小さい可愛い女の子にさわって見たくなったり、、、。

長期で、ホームスティする場合は、そのこの英語力と性格を考慮して、一人でホームスティしてもらえますが、ショートプログラムは二人一組が原則の業者さんがほとんどです。

また、大きな理由の一つに

ホストファミリーさんからの要望
 であるということです。

ホストさんたちも二人ずつのほうが安心なんですね。

ここにいる間に、楽しんで欲しいけど一人だけ預かって、黙りこくってると楽しいのかどうか、ホストさんも不安になる。

意外と二人だと、日本語ばかり話すから、、、。と心配されますが、二人でいると、家族に話しかける勇気も、チャンスも増えるんです。
聞かれたことに、「いまなんていわれたのかなあ? 」と話し合い、勇気を出して二人で話しかけていく。

これが一人だと、もく緊張だけで、顔も引きつって、、、。て言うことおおいいんですね。そうすると困るのはホストさん。
私はホストさんにも何でも困ったら電話してって言うのでよく「通訳して」って電話がかかってきます。

子供たちをお願いした以上は、自分達で解決してください。なんていいません。

大人のホームスティについてですけど、

私は大事なお友達がホストになってくださってるので、ホストさんも困らないように、色々来る前にカウンセリングをしてその方の性格やニーズを考慮して、ホストさんをご紹介します。

私のお願いするホストさんは、これをホストになることをサイドビジネスにしてる方はいませんので、ごく普通の生活をして見えます。
その生活リズムを乱さない程度に、学校の送り迎えや、英語の手助けをお願いします。

お子さんのいるホストは、自分ががんばったらいつでも話し相手がいます。その反面、お母さんは育児や家事で大変なので、キッチンやフロアーを掃除したり、小さいこの面倒を見てあげたりしたらとてもいい関係ができます。
クッキー作ったり、キャンプに出かけたり、、、

また、もうお子さんも巣立って二人だけでお住まいのご夫婦はのんびりと暇があればおはなししてくれます。食事も外食がおおかったり、二人といっても、近くにお子さんがいればお孫さん連れて毎週末に遊びに来たり、、、。こちらの方は年取ってもデートにいきますから、そういう時はお家でお留守番でしょう。アクティビティは映画を見たり散歩したりが多いいと思います。



はなさんはもう今週日本に里帰りです。ア~さみしいわ~!

私の周りの人たち皆今年は里帰りなんですよねえ。

私も来年こそは! そしたら皆さんにお会いできるかもね。

大阪のおかんさん。

大阪KIDS今日はお泊まりしてますよ~。

おさあさん電話来て喜んでたよ。
といったら

「そうかあ。 自主的に電話したんねん。」

と、得意げでしたよ~。

今日はLCAはお休みなので、うちのZENと遊ぶようです。

では皆さん!留学の夢を見ながらお休みなさい。

 










関連エントリー
-->

<<ホームスティのマナー | ホームへ | ホームスティーて何?>>

コメント
こちらこそ
とても楽しんですよ。
大阪KID君は面白いのよ。
今日も会いましたよ~。
うちは粗食ですがいつでも歓迎です!
わたしも、留学中に人の情けが身にしみました。
そういうのを学ぶのも留学のいいとこかなあって。
大阪KID君がんばってますよ~。
【2006/10/12 10:47】 | レイトンママ #- | [edit]
レイトンママさんに巡り会ってよかった~♪
アメリカでスキヤキが食べられるなんて、去年では考えられなかったです。
あぁ、なんて幸せな息子でしょう(感涙)

一時帰国した時によく話してくれたツラカッタ話は、やはり食事のことでした。

レイトンママさんちは「日本食禁断症状駆け込み寺」みたいですね。
パンとお肉の毎日だったら、ごはんと例の”ゆかりのふりかけ”だけでも大満足で涙が出るくらい嬉しいに違いない。

長女の留学の時は、「送って欲しい」電話にせっせと送った日本食…ホント恵まれてるなぁ息子っっっ!!
【2006/10/12 00:30】 | 大阪のおかん #- | [edit]
そうそう、昨日はスキヤキして一緒に食べました。

本当に最初からなれない土地で言葉も違うところで自分らしくって言うのは、無理な話ですよね。
なかなかできる子は少ない。
でも大阪キッズ君は友達おおいいのでびっくりしました。

アメリカでも人気者ですよ!
ほんとうちのZENは助けてもらってます。

よく今年は英語を物にして帰ったら、英語を使うバイトしながら大学行きなさい。っていったら、
まかしとけ」といってましたよ。

たのもしいわ~。

最初にブログのこといったら、お母さんがブログをはじめたと思ったようでムッチャあせっていました。

コメントでほっとしてたようです。

うちは第二のホストファミリーで楽しくしていますよ。

【2006/10/11 08:18】 | レイトンママ #- | [edit]
そうなんです!あしたはなさんはいってしまうんです。

さっき電話で話したけど、てんてこ舞いしてました。

ほんとに明日行くのかな~。だいじょうぶかしら??

二人一組はやはりベターですよね。

お母さんたちにもよく聞かれるんですよ。「うちの子ちゃんと英語喋ってますでしょうか?」って、アメリカ経験のないお母さんたちはどんなに大変かわからないじゃないですか?

だから将来の計画するためにも、お子さんと一度は来られて実際にご自分で体験した方がいいとおもうんです。

日本も結構危なくなってるって言うけど、アメリカが安全って言うわけでもないです。

しっかりご自分で、お子さんのいかれるところを下見する余裕があるといいなあと思います。

お互いお金ためましょうね。v-411
【2006/10/11 08:12】 | レイトンママ #- | [edit]
久しぶりにのぞいてみたら、ホストファミリーのお話。
そうそう、そうだわ…。あ、これ当たってる!なんて読み進めていたら最後に息子の話。お泊りさせて頂いてありがとうござます。

留学生活二年目で、アメリカの友人もいて、ある程度英語も話せるようになった上で、レイトンママやZENくんと日本語を話す環境にいる息子…
なんて快適な留学生活!!!です。(この前本人も言っていましたが)

でも、交換留学の初めの頃は「しんどい」が口癖で、電話の口調が暗かったんだよなぁ~と、昨日のことのように思い出しました。

高校で日本人一人という中で、誘ってくれた友達のグループとランチ。
会話を頑張って聞いたとしても、自分の思いが伝えられない、大阪人らしく面白いことを言って笑わかせたいのに単語が出てこない。
家に帰宅してもなかなかホストさんとの会話もできなく…
ちょっとした気持ちのすれ違いもあった気がします。
英語を話す時間が少ない!!と、焦り気味によく言っていました。

レイトンママさんのおっしゃるとおり、日本人一人だと英語が上達できるわけではないのです。
彼は一年目の、英語が話せなかった時間や、やり残したこといっぱいを取り戻すべく、もう一年留学したいと熱望しました。
彼なりに色々調べ行動し、そして私はレイトンママさんと出会い、今に至っています。

最初の頃に日本人の人に通訳してもらったり中に入って説明してもらったり…は大事ですね。無駄に過ごす時間の短縮になると思います。

「おかん、ブログにコメントしとるらしいなぁ。聞いてめっちゃ驚いたわ。恥ずかしいからやめろよ~」と言ってたなぁ。
え~い、無視無視(--)v
【2006/10/10 22:51】 | 大阪のおかん #- | [edit]
なるほど!子どもにとっては、誰か一緒にいたほうが勇気も出るものですよね(^^)
まず楽しい思い出を作ってもらいたいと思いますし、二人一組のほうが心強いのは確かですね(^^)

そうか!はなさん!もうすぐ里帰りですね♪
楽しんできてくださいね~(^^)
3連休、東京に遊びに行ってきたので、ロフトでwitchのコスチュームを無事購入してまいりました~(^^)b
いろいろありがとうございました!
レイトンママさんも来年里帰りできるといいですね♪
私もがんばってお金ためなきゃ(^^)b
【2006/10/10 08:03】 | しゃらまむ #- | [edit]
ほんと早く遊びに来て欲しいわア!

春は春でいいですよ。

今度お嬢さんともお話ししたいです。

今日、書類を出しにいったら、コロンブスデイとかで郵便局は休みでした。
その帰りに真向かいにファーマーマーケットがあって、行ったことなかったので、よし!と思いいったんですけど、
お財布を忘れてました!
郵便局相手手も、でもどらないといけなかったわ。
まあこんな私ですが、気長に、お付き合いくださいませ。

ドラえもんドア、誰かお持ちでないかしらねえ~。
【2006/10/10 07:05】 | レイトンママ #- | [edit]
ホント、今からでも飛んで行きたい我がママTSです!
ドラえもんのどこでもドアがあればいいのに。。。

娘も今ではレイトンママさんからがいいなぁ・・・!
早く行きたいよぉ~!
って、言ってます。

お話が決まったら、来春、母娘でお邪魔しようと思ってます。
その節はヨロシクお願い致します (*^ー^)ノ


【2006/10/10 01:22】 | 我がママTS #4E/hvK92 | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://newselestusa.blog48.fc2.com/tb.php/112-d743422b
| ホームへ |
プロフィール

レイトンママ&時々はな

Author:レイトンママ&時々はな
アメリカユタ州で親子留学、小学校体験、高校留学、語学留学、シニア留学、を現地よりカウンセリングをしながら受け入れているレイトンママのブログです。アメリカ留学の夢に一歩近づきませんか?ご質問などお気軽にしてくださいね!
やりたい仕事で幸せになる!
名古屋女性・企業独立100の物語

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。