スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連エントリー
-->
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

この夏にユタにサマープログラムに来てくださった中学生たちの体験記

2006.09.20(15:09)
こんばんは。真面目なはなは毎晩鶴の恩返しのように、機を織ってじゃなく、お仕事をしているので、今日はめちゃ疲れています。

と言うことで今日は

手抜き!!!!!

ってわけでもございませんが、この夏にサマープログラムに参加してくれた元気な中学生たちの体験記&送り出してくださったお母さまの体験記を真面目にレイトンママが私に送ってきたので、それをUP!

やっぱりナマの声はいいわね♪

じっくりお楽しみください。


サマースクール1ヶ月プログラム体験者 12歳 A君

今回、2回目のホームスティで、前回のことを活かしさらに英語を学ぶことができたと思います。
前回のホームスティでは行けなかったレーシングなどもいけました。土手の印象に残ったのがローラーボードの公園です。
とても上手な人がたくさんいて僕は足元にも及ばないけれどもがんばってジャンプなどの技を身に着けたいと練習しました。
ホストファミリーとはとても仲良く触れ合うことが出来て良かったと思います。
ラグーン(遊園地)は一緒に行ったグループやホストファミリーとも行きコミュニケーションがとれました。
LCAのサマースクールではジムでラグビーやバスケットなどのスポーツをアメリカ人の友達と出来たのが面白かったです。
スクールの先生のケニーはとってもスポーツが上手でした。
ユタ州は公園などが多く、色々な人と知り合って少しずつ英語が話せるようになりました。よく分からないときは調べて、会話をしました。自分で話したいことを調べた英語は頭によく入ります。
日本でまた勉強して自分の夢の肥やしにしたいと思います。

サマースクール1ヶ月プログラム 13歳 U君
今回初めてこのプログラムに参加して期待と不安が半分くらいでした。
ユタに来て楽しかったことは、ラグーン(遊園地)や、ホストファミリーとサッカーの試合やミュージックコンサートにいけたことでした。
ホストの人やたくさんのアメリカ人の人と話すことによって、色々な経験が出来ました。
ホストファミリーは積極的に何でも話してくれて僕はとても助かりました。
僕達は2週間LCAというサマースクールに通いました。そこでは毎時間スケジュールがあってジムと言う体育館でサッカーや、バスケット、ラグビー、ドッチボールなどをやって遊びました。
そこの子達はとても元気が良くて最後の方はついていけませんでした。
ラスト2週間はエリザベス先生の家で英語の勉強を午前中にして、午後はアクティビティで様々なところにいきました。
来年も機会があればまた行きたいです。

サマースクール1ヶ月プログラム 14歳 Kさん

今回、このサマープリグラムに参加して本当に良かったと思います。ホストファミリーは去年お世話になったお家と同じで、1年ぶりにあったときは懐かしい顔と声に思わず顔が緩んだのを覚えています。
ホストファミリーの方はブラジル出身でポルトガル語も日常会話にまじりますが、私に対してとても優しくしてくれて会話をしていくうちに新しい単語を知ったり、日本とアメリカの生活の違いと知ったりできました。1ヶ月間のうち、最初の2週間はLCAに行きました。
LCAではアメリカの子供たちと友達になってサッカー、ラグビー、チェスをしました。
残りの2週間はエリザベス先生のところで勉強しました。エイザベス先生の英語はとてもわかりやすかったです。
今回アメリカに来て、あやふやだった将来の夢が見つかりました。日本に帰ったら、その夢に向かって英語を勉強していきたいです。

中学校体験にご参加いただいたお子様のお母様からのお手紙

娘の初めての海外(上記の中学生たちのお母さまではありません。また違うグループで着てくださった中学生のお母さまです。)

お友達二人だけでの海外、親としては大丈夫かしらと心配でしたが、飛行機の子供エスコート
で何の心配もなく子供だけの旅も安心しました。
空港で美智恵先生にお出迎えしていただき、娘は初めてお目にかかったようには思えなかったそうで、美智恵先生は笑顔いっぱいですぐにお話しが出来たそうです。
また、アメリカの空を見て感激したそうです。
(日本を小さく感じたそうです。)
英語が大好きな娘はスーパーに行って、店員さんにも一生懸命英語で話しかけたそうです。周りは外国人の方ばかりで英語でしか通じないし、自分から英語でしか話せないと思うともっともっと英語はなせるようになりたいと思い、英語への目覚めが強くなったようです。
到着の日、心配していた私に電話で娘が言った最初の言葉は「お母さん、私もう日本に帰りたくない。」って言うんですから安心な気持ちと寂しい気持ちとで親として複雑な気持ちでした。
アメリカの中学校にも体験入学させていただいて、アメリカのお友達も出来、メール交換したり、美智恵先生のご家族と出かけたり、何もかも娘にとっては、初めての経験で楽しくて楽しくて、ずっとアメリカに住みたいとまで言い出した次第です。
美智恵先生のご家族の中に、娘も本当の家族のようにしていただき、自分のママのように「ママ」「ママ」と言って慕っています。今度は一人でもアメリカに行って英語力を身につけたいと意欲満々です。
今回の旅でひとまわり大きくなって帰ってきたように思います。娘にとって貴重な経験をありがとうございました。

皆、よい経験が出来てよかった。よかった。

やっぱりアメリカ人の同じ世代の子供たちと一緒にスポーツしたり、勉強できたことは良かったようですね♪

レイトンママの会社セレクトの特徴の一つである、地元のアメリカ人とのふれあい。

たまにアメリカへ行ったけど、結局自分達と同じように来たほかのアジア人たちばかりと一緒になってまったくアメリカ人との交流がなかった・・・なんてことじゃ意味がなくなりますからね。

英語を学びにって言うよりも、文化、生活、色々な人種、考えなんかを学ぶこと、それには英語が必要なんだよ。だから、直接地元のアメリカ人と多く交わることが大切なんですね。

これを読んで体験談にブラジル人って書いてあったじゃないか!

って揚げ足取りもいるでしょ。←それははなが揚げ足取りだからよく分かるのである。

アメリカって国はなにがアメリカ人か?

英語を話さなくてもアメリカの市民権を持てばアメリカ人。Japanese American, African American アメリカは移民の国。色々な人種が居ます。かといってまったく英語が話せないホストファミリーは居ません。皆きちんとしたアメリカで生活をしている普通の家族なのでご心配なく。

例えばハニー君。彼の家族はイギリス、フィンランド、ドイツ、ウェイルズなどの血が入っています。それに我が子供たちはそれに加え日本の血が入りました。国籍だって、アメリカと日本の2つです。

アメリカはそう言う人たちの集まりなんです。だから色々な文化、考えが混じった所なんです。

アメリカを丸ごと体験しに来てくださいね!

アメリカのハロウィンをホームステイ&プリスクールへも行きながら体験しよう!!!!

募集は親子から個人のお客様でもOKですよ!

会社を少しお休みしてアメリカの本場物のハロウィンを見に来たい!OLさんも大歓迎です♪

今回提示する金額は親子2名さまの金額です。お1人の方でこられたい方は直接メールにてご連絡ください。

お値段は


1510ドル!

こちらの1510ドルのお値段の期間は6泊7日で、1人追加で470ドルプラスされます。

後10泊11日の親子(親御さんお1人とお子さんお1人)のお値段が1970ドルになり、1人追加で550ドルプラスされます。

費用に含まれているものは
       ホームステイ代、
       空港送迎、
       プリスクール代、
       学校送り迎え、
       お母さま平日2食(週末は3食)、
       お子様3食

費用に含まれないもの
       外食費
       アクティビティの入園入場料
       海外保険
       航空運賃
詳しくはお問い合わせください。
michielayton@msn.com

今日もランキングのポチありがとう♪
F2ランキング
人気blogランキングへ

明日は元気に(?)何か書きます。←意味の分からん予告です。









関連エントリー
-->

<<アメリカの新聞漫画で学ぶ英語&ハロウィン写真 | ホームへ | アメリカハロウィーンの写真集!これが本場のハロウィンよん♪>>

コメント
ご懐妊おめでとうございます♪
私も3人子供いますからね!仲間ですね♪

でも2人目よりも3人目は楽ですよ。ドーンって構えてがんばってくださいね♪

確かに小さい子を連れての海外旅行は大変。私も生後3週間の息子を連れてアメリカは帰ったことが。その後は生後3ヶ月の娘を連れて、日本へ。
でもBabyだとよく寝るから逆に楽だったかも。来月日本へ帰るので9歳5歳3歳・・・飛行機の中が大変不安でございます。ケンカはじめたら、パラシュートつけてKick outされるかも・・・はぁ~。

めいみんママもいつか遊びに来てくださいね!楽しみにしていますね!
【2006/09/22 13:40】 | はな #- | [edit]
私は2人中学生の子達に会いましたが、一人は疲れからか、風邪を引いて、アメリカ人のホストのところからレイトンママのところへ2日ほど泊まりに来て、日本のおかゆとか和食を食べて休養していました。後の1人は元気な男の子で英語がんばってました。
中学生ともなると本当にちょっと違うんですね。たくましくなってるというか。
でも自分の子供を考えると、私も同じように思いますよ。自分の子供は頼りなく見えるんでしょうかね??
【2006/09/22 13:21】 | はな #- | [edit]
きゃ~~~来て下ってコメントものこしてくださりどうもありがとうございます♪嬉しいです。
英会話のクラスをされている先生達は今忙しいですよね。ご苦労さまです。確かに日本もかなりハロウィンっていわれるようになったものの、やはり本場に比べればね・・・。こっちはすごいですからね。

え!SLCと姉妹都市のご出身ですか?それはそれは。じゃぜひ遊びに来てくださいよ!とてもきれいでいい場所ですよ!Cizuruさんが中学に戻らなくても、今のままでも十分に楽しめるので♪

またブログにも遊びに来てくださいね!
どうもありがとうございました♪
【2006/09/22 13:19】 | はな #- | [edit]
え!?はなの人柄は???

いやいや・・・。って言葉濁したでしょ???

私はプログラムに参加する子供たち全員と会ったことはないのですが、(一部の人やはなに会いたい!って言われれば会いに参っております)本当に今の子供たちは恵まれてますね。

私も高校の時にアメリカに来てたけど、やっぱりもっと小さい頃から来ていると、もっと早い時期に英語に目覚めてただろうな・・・って思います。
ちなみに私の英語を真面目に勉強しよう!は高校の時からでした。

しゃらまむさんとあえる日を楽しみにしていますね♪
【2006/09/22 13:15】 | はな #- | [edit]
こんにちは☆久しぶりにお邪魔します。

>アメリカのハロウィンをホームステイ&プリスクールへも行きながら体験しよう!!!!
なんて魅力的な響きなんだろ~!母娘(パパ抜き)で行きたいなぁ~♪夢は膨らむ一方なのに、思いがけず3人目を妊娠してしまい、海外への道はまた遠くになってしまいました。それどころか自分のサークルも年末頃からまた休業です。。。

そしたらそしたら、今日はasamamaさんのとこから来たのですが、レイトンママさんって4人のお子さんのママなんですか?3人目でオタオタしていた私、反省です。いつの日か3人の子どもをズルズル引き連れて参加できますよ~に。
【2006/09/22 00:45】 | めいみんママ #pAfneXZY | [edit]
中学生ともなるとしっかりしていますね~!!

うちの子たちもいつかはこんな風にしっかりするのかな?


ハロウィン楽しそうですね!
学校のある時期なので行くのはかなり難しそうですがいつか本場のをこの目で見てみたいものですv-238
【2006/09/21 21:49】 | うっかり主婦 #- | [edit]
はなさん、
来てくださってありがとうございました。コメントもありがとう。
素敵な記事がいっぱいで楽しく読ませていただきました。
英語教室のほうもハロウィンの準備を考え始めているところです。本場のパーティーの様子楽しそうでいいですね。
お菓子や飲み物のハロウィンバージョンはぜひ日本でもほしいなあと思います。
最近は紀伊国屋やナショナル麻布などで少しは手に入りますが、普段食べているものが季節のパッケージになると盛り上がるでしょう?
子どもたちがホームステイをしてその若い感性で国際交流をする、そんな橋渡しのお仕事をしていらっしゃること、とってもすばらしいですね。
私の出身地はソルトレイクシティーと姉妹都市です。いったことはありませんが、いいところでしょうね。
中学生に戻って行きたいです。
お元気でがんばってください。
また、のぞきに来ますね。
【2006/09/21 21:13】 | Chizuru #- | [edit]
今回紹介した子達は今年2回目のこと初めての子で、もう一人きた子は感想文をまだ書いてない!しかし、彼は来年も来ることになってます。

このグループは3人はのお父さんはアメリカ人お母さん子供たちはハーフでこちらで育った子というおうちにいってって、そういうお宅って自分が英語マスターするのに大変だったから、どうやって助けてあげればいいかもわかってたりするんですよね。
それに異国の地で大変なのがわかるからすごく優しくしてくれてる。
帰るときにはお互いに涙が止まらない。

最初のスケボー小僧はうちの隣のおうちだったんだけど去年もこちらで誕生日。もう盛大にお誕生日パーティーしてもらって幸せなのよ。

来年は双子の弟達が来る番なんだとちょっと寂しそうだったけど、2年つずけてこれるのはしあわせよね。

ホストの人たちは子供たちを助けてくれるだけでなくて、私のこともすごくサポートしてくれるの。ホームステイのことしててとても深く友達と触れ合うことが出来て私も幸せだわ。

しゃらまむさんが来る時にはもっともっとがんばっていいプログラムにしてるからね。

まってるよ~!


【2006/09/21 06:56】 | レイトンママ #- | [edit]
じっくり読ませていただきました(^^)
レイトンママさんのお人柄もうかがえて、またまた行きたくなりました(^^)b

>「英語を学びにって言うよりも、文化、生活、色々な人種、考えなんかを学ぶこと」
私もその通りだと思います(^^)
子どもたちには広い視野を持ってほしいと思いますし
英語は世界共通語なんだよ!とも話しています(^^)

楽しい経験をして、大きく自由に羽ばたいてほしいなぁ~!
【2006/09/21 05:49】 | しゃらまむ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://newselestusa.blog48.fc2.com/tb.php/100-16e237c9
| ホームへ |
プロフィール

レイトンママ&時々はな

Author:レイトンママ&時々はな
アメリカユタ州で親子留学、小学校体験、高校留学、語学留学、シニア留学、を現地よりカウンセリングをしながら受け入れているレイトンママのブログです。アメリカ留学の夢に一歩近づきませんか?ご質問などお気軽にしてくださいね!
やりたい仕事で幸せになる!
名古屋女性・企業独立100の物語

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。